Home

一般社団法人ESG投資基盤整備機構(以下、「当社団」と言わせて頂きます。)のWebサイトにお越し頂きまして誠に有難うござます。コロナ禍において明日がどうなるか分からない昨今、ビジネスの世界ではスピードがものすごく速くなってきています。当社団では、そのような環境下において、SDGs(目的)とESG投資(手段)をいかに融合させて、その成果を出していくか、そのための“かすがい”になれる組織になれば良いなと考えております。

はじめての方々も多いかと思いますので、簡単にご説明させて頂きます。SDGsとは「国連が採択した17の目標」で、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、ESGとは「Environment(環境:E)」 「Social(社会:S)」 「Governance(企業統治:G)」 の頭文字を取って略称ESGと呼びます。

ESG投資とは、既存の投資方法の財務情報だけでは無く、ESGという非財務情報の要素を加えた投資判断、すなわち脱炭素対策(地球温暖化防止対策)を考慮した投資基準の事を言います。もちろん、脱炭素だけでなく、SDGsの17の項目も考慮し、社会と企業内統治であるガバナンスのバランスを見て投資をするという考え方です。

当社団は、何千兆円にも及ぶ投資のプロが行う投資ではなく、我が国をよくするための地方創生財政支援のため、地域コミュニティーを大切にすることを大前提として、当社団と地方自治体および地域住人の方々により長期的なインフラ構築スキームの計画に基づいて、上場企業の約450兆円と言われている剰資金の一部を、①脱炭素のため、②地方行政のために、長期に及ぶ投資資金を調達し実現する事を目指しています。

どうぞこれを機に、皆様も一緒に考えて下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

令和4年3月吉日 一般社団法人ESG投資基盤整備機構 事務局